【M&Aニュース】アント・キャピタル・パートナーズ、スプラウトインベストメントと資本業務提携

2018年01月18日

アント・キャピタル・パートナーズ株式会社が運営するアント・カタライザー5号投資事業有限責任組合は、2017年12月28日付けで、活イカを中心とした天然地魚業態である「イカセンター」「魚ばか」、希少部位に特化した焼鳥業態である「鳥波多゛」「れば屋」等の複数業態の飲食店事業を運営する株式会社スプラウトインベストメントとの資本業務提携を行ったことを発表した。

 

スプラウトは、本物感・贅沢感を感じられる一流の食材を、独自に構築した調達機能・ネットワークを活用して効率的に仕入れており、魅力あるメニューを満足度の高い価格帯にて開発・提供することで数多くのお客様の支持を得てブランドを確立しており、好調に事業を展開している。
アント・キャピタルは、今般の資本業務提携に伴い、スプラウトの役職員と共に事業基盤の更なる強化を図り、新業態の開発等も模索しながらスプラウトの永続的な発展を目指して支援していく考え。