【M&Aニュース】投資ファンドのJ-STAR、越後屋の株式取得

2017年12月18日

J-STARが投資関連サービスを提供するファンドが出資する持株会社、株式会社いろはにほへとが、株式会社越後屋発行済全株式を取得したことを発表した。

J-STAR は、2006 年に創業した国内独立系の投資会社で、主に未公開株式への投資を行うプライベート・エクイティ投資、その中でも経営権を取得し、当該事業価値の向上を図るバイアウト投資の支援を事業として手がけている。

 

越後屋は、2005 年の設立以来、越後屋は炭火焼干物食堂『越後屋』、炭火焼干物定食『しんぱち食堂』、魚がし海鮮食堂『大和屋』、立喰い焼肉『治郎丸』、自家製生麺専門『POTA PASTA』等、江波戸社長が開発したユニークな業態を展開してきたが、今回、経営資源の最適化を図るべく、会社分割を実施した。

 

分割会社である越後屋は、東京都心部のビジネス街において、高いコストパフォーマンスにより幅広い層から支持を得ている炭火焼干物等の和定食を中心とする業態を運営している。持株会社の代表取締役に就任する江波戸社長は、引き続き業態開発及び事業拡大に注力する。J-STARは、今般の資本参加を通じて、日本食の日常的外食需要に応える業態開発及びフランチャイズを含む店舗展開による越後屋のさらなる成長を支援していく考え。