【M&Aニュース】アークランドサービス、ホットランドの米国子会社と合弁契約締結

2017年10月16日

アークランドサービスホールディングス株式会社は、株式会社ホットランドとの間で合弁契約を締結し、ホットランド社の米国子会社であるGindaco USA, Inc.に出資することを発表した。

 

アークランドサービスグループは、とんかつ専門店「かつや」とからあげ専門店「からやま」を中心とする
和食のファストフード店を全国に展開している。近年では、香港、タイ、台湾、韓国へ進出し、積極的に海外への事業展開を進めている。

一方、ホットランドは、「築地銀だこ」をはじめとした多数のフードブランドを国内外で展開しており、平成28年8月にはアークランドサービスとホットランドとの間で、からあげ専門店「からやま」のフランチャイズチェーン加盟契約を締結し国内で展開を開始。本年7月には「からやま」の海外第1号店、第2号店を香港に出店するなど、協業を進めていた。

 

今回、両社のフードブランドを、巨大市場である北米市場に展開していくことを目的として、合弁契約を締結することで合意。ホットランドの米国子会社Gindaco USAの第三者割当増資をアークランドサービスで引き受けることにより、Gindaco USAを両社の合弁会社とし、同時に商号を変更。両社の様々なノウハウ、ネットワークを結集させることにより、北米市場における事業展開を強力に推し進めていく。