【M&Aニュース】グルメ杵屋、マレーシアで中食商品製造の合弁会社設立

2017年10月05日

主力うどん「杵屋」、そば「そじ坊」などを展開するグルメ杵屋とマレーシアのBISON CONSOLIDATED BERHAD(以下、BISON)は、マレーシア国内においてBISONが展開するコンビニエンススア“myNews.com”“Newsplus”320 店舗(2019年までに500店舗に拡大予定)において販売する中食商品全般を製造、供給するための食品工場を建設し、共同で運営するための合弁会社を設立すると発表した。

 

BISONは日本の品質基準をベースとしたハラール認証食品製造工場による供給体制を整備して、競争力の強化と店舗展開の基盤をつくり上げたいとの思いで、パートナーとしての日本の中食ベンダーを探していた。

 

グルメ杵屋グループは外食事業(レストラン事業)、中食事業(航空機内食製造事業、業務用冷凍食品製造事業)を中核事業とし、HACCP対応や、ハラール対応での実績を積んでおり、日本食でのグローバル展開を重点戦略の一つとして位置づけている。 この両社の思いが一致、今回の合弁会社設立となった。