【M&Aニュース】 関門海、コアグローバルマネジメントと業務提携

2016年12月21日

とらふぐ料理専門店「玄品ふぐ」を展開する関門海は、ホテル・旅館の運営管理を行うコアグローバルマネジメント 株式会社(以下「コアグローバル」 )との間で、業務提携を行うことを決定した。

 

関門海は「食で明るい未来実現に貢献する」という企業理念に基づき、主力事業で「玄品ふぐ」を中心に事業展開している。 関門海では、重要戦略の一つとして「インバウンド需要」の取込みを掲げており、海外からの訪日旅行客 の「玄品ふぐ」への顧客誘致を促進するために、インバウンドに強力なアクセスルートを持 つ企業との提携を検討しており、今回、コアグローバルとの業務提携に至ったもの。

 

コアグローバルは、主にシティホテル及びリゾートホテル等の運営・管理事業を営んでいる。コ アグローバルのホテル運営事業の強みとして、近年訪日人口が急増している台湾人観光ツアー客を中心 に、東南アジア各諸国の観光ツアー客の自社運営ホテルへの誘致を軸とした日本国内での旅程をアレン ジすることによる集客能力を兼ね備えるところにある。 コアグローバルが運営するホテルへの訪日旅行客集客人数は、平成 27 年は約 20 万人、平成 28 年に おいては約 30 万人となっている。関門海は、コアグローバルと業務提携を行うことにより、同社が企画する観光ツアー客の旅程に「玄品 ふぐ」での食事を組み込むことにより、今後、台湾人観光ツアー客を中心とした「インバウンド需要」 の取込みを、大幅に増加することができるものとみている。また、「玄品ふぐ」の台湾における 訪日フリー客向けセールスプロモーションにも、コアグローバルと協力していく考え。