【M&Aニュース】ホットランド、焼き鳥事業をタコプランニングへ譲渡

2016年11月24日

ホットランドは、焼き鳥事業(以下「本事業」)に関する権利義務の主要部分を会社分割により新設会社に承継させたうえで、当該新設会社の全株式を株式会社タコプランニングに譲渡する事を決定した。

 

ホットランドは「“日本一うまい”食を通じて“ほっとした安らぎ”と“笑顔いっぱいのだんらん”を 提供できることを最上の喜びとする。」という企業理念にもとづき、主力業態である「築地銀だこ」をは じめとした多くの業態を国内外で展開している。「やきとりのほっと屋」業態は、厳選国産鶏を使い、 職人が備長炭で丁寧に焼き上げる焼き鳥業態として展開してきた。

 

タコプランニングは、「築地銀だこ」業態の埼玉県におけるエリアフランチャイズパートナーである。他、グループ企業で「銀のあん」業態のFCも手掛けており、ホットランドグループの企業理念を共有できるパ ートナーとしている。

 

ホットランドグループとしては、本事業の展開可能性はあると感じているものの、今後注力していく事業には含 めておらず、事業の選択と集中を図るために、本事業をタコプランニングに譲渡することが最適と考え、 今回の決定に至ったもの。