売却を検討する5つの理由

2018年03月14日

ここ数年で、M&Aが浸透してきて、
様々なM&A業者からセミナーやDMの案内を受け取る機会が多くなったと思います。
そのような環境の中、経営者自身は
「自社がいくらになるのか」
「買い手がいるのか」
などを気になるものです。

しかし、そこから一歩踏み出すには、勇気が必要だと思います。
そこで、今回は一般的に「売却を検討する5つの理由」について
記載いたします。

主な理由は以下になります。
①後継者不在
②創業者利益の獲得
③先行き不安
④選択と集中
⑤会社の発展と従業員の将来

いずれも、経営者ご自身に目的があり、
そのためM&Aが手段として相応しいかという視点で考えていただければと思います。

 

山田健司