事業承継5ヵ年計画~後継者マッチング支援の強化~

2018年02月14日

中小企業庁が平成29年7月に発表している事業承継5ヶ年計画に
ついて内容を絞り記載しております。

今回は施策の3つめ、
「後継者マッチング支援の強化」についてです。

後継者マッチング支援の強化の一つとして、
小規模M&Aマーケットの形成があげられます。

目指すべき姿としては、
・事業引継ぎ支援センターによるマッチング件数2,000件
・小規模M&Aマーケットを形成し、数万単位の事業引継ぎニーズへの対応を可能にするとともに、
事業から引退しやすい環境の整備
があげられます。

そのためには具体的に
・事業引継ぎ支援センターの体制強化
・企業データベースの開示範囲を拡大し、マッチング機会の向上
・再生支援協議会、創業支援機関等との連携
を段階的に行っていく必要があります。

地域金融機関、民間M&A仲介業者等が増えつつあるが、小規模M&Aの担い手は少なく、
今後は事業引継ぎ支援センターのデータベースをオープン化することで、
税理士・会計士等のプレイヤーの参入を促進を促して後継者マッチング支援の強化をしていく方針です。

 

山田健司