M&A用語解説:「新設分割」とは

2018年02月08日

M&A用語というわけではありませんが、新設分割はM&Aにおいて有効に活用されます。

 

中小企業のM&Aは「株式譲渡」と「事業譲渡」のいずれかが圧倒的に多いと思いますが、新設分割はこの空間に位置するような方法です。

株式譲渡は、買収したい会社の株主からその株を買い取ることを言います。

事業譲渡は、一部事業だけを買収する場合に、運営会社からその対象事業だけを切り離して買い取ることを言います。

新設分割は、一部事業だけを買収したいけれども、何かしらの事情があって対象事業だけを切り離すことが難しかったり、あるいは譲り受ける企業が対象事業を別会社で運営したいと考えるような場合に用いられます。

 

執筆:中原 陸