外食企業がブライダル事業に参入する理由

2018年01月15日

インクグロウ株式会社の野川です。

あけましておめでとうございます。本年もフースタM&Aをよろしくお願いいたします。

 

フースタM&Aでは、外食業界のほか、ブライダル業界や給食・中食業界など、幅広くM&Aの支援をさせていただいております。

その中で、外食企業の方からM&Aでブライダル事業へ参入したいというご相談を多々お請けします。

 

外食で培ってきたノウハウを活かし高利益率のブライダル業界に参入したい、という考えもありますが、もう一つ大きな理由は人材採用面です。

 

ブライダル事業に新たに参入した大手外食企業A社では、

自社のブライダル事業に惹かれて入社したホスピタリティの高い人材が、

入社後に外食事業を経験してみると”外食事業の方が楽しい”と外食事業で能力を発揮し、

質の高い仕事をしてくれているそうです。

 

そのため、人材採用の間口を広げるため、小規模でもいいからブライダル事業を会社として取り組みたい、

という理由からM&Aを検討されています。

 

弊社では、低予算でブライダル事業へ参入できる案件などもございますので、

お気軽にお問い合わせいただければと存じます。