M&Aの手法について

2017年11月20日

皆さんご存知の通り、M&AとはMergers(合併) and Acquisitions(買収)の略語になります。一口にM&Aといっても、買収・合併だけではなく、資本提携や業務提携など、下記図のように様々なスキーム(手法)があります。

 

 

 

買手のニーズや売手の目的によって選択するスキームは異なりますが、飲食業やブライダルなどの中小企業では、赤枠の株式譲渡や事業譲渡のスキームが一般的に用いられます。

 

次回はそれぞれの特徴、メリットやデメリットについて説明してまいります。

 

執筆:野川恭平