M&Aが紹介先で成約に至る

2017年11月07日

M&Aが紹介先で成約に至るということが、非常に多くあります。

 

例えば

メルマガを見た方に「知り合いが興味持ちそう」と言われたり

お会いして案件説明した方に「この案件ならこの人が興味持つよ」と紹介をもらったり

飲食関連の業者さんから「この案件、知り合いの社長に紹介しても良いですか」と言われたりという形です。しかも結構な確率で成約に至るのです。

 

これには理由があり、「直接会っているので本当にやりたいことを知っている」ということだと考えています。お会いしたことがないと、既存業態や展開エリアの延長線でしか想像しづらいですが、直接お話を聞いていると

「大阪の会社だけど、知り合いが沢山いる北海道に出店したい」

「今はレストランばかりやっているけど、大衆居酒屋にもチャレンジしてみたい」

といった意外なニーズを知ることができます。そこに案件がぴったり合うと成約に至るということだと考えています。

 

フースタM&Aでは以下を始め、案件を取り扱っております。ご自身での検討はもちろん、お知り合いで興味を持たれる方がいらっしゃいましたら是非ご紹介ください。

 

・首都圏の大衆居酒屋10店舗

http://foosta-ma.com/transfers/s233/

 

・横浜市内のウェディングチャペル

http://foosta-ma.com/transfers/s242/

 

平川智章