トップ面談の意味

2017年11月01日

トップ面談とは、
売却企業と買収検討企業の経営者同士がお会いして、
経営者としての理念や会社の歴史など、質疑応答を行う場です。

弊社ではこのトップ面談を非常に重要視しております。
M&Aは、よく結婚に例えられますが、売却企業の経営者からみたら会社は手塩にかけた子供であり、その子供を嫁に出す相手としてふさわしい企業かどうかという判断になりますし、逆に買収企業としては、自社の仲間に加わり企業が成長することができるのかを最初に判断する場になります。

大切なことは、各社の経営理念や企業文化など、目に見えないものを確認していくことです。トップ面談は必ずしも1回だけではなく、各案件によっては何度も行い、本音で語り合って頂く場をセッティングさせていただきます。
トップ面談をしっかりと行うことが、後にM&Aをしたあとに本当にやってよかったとお互いに思えるかどうかの肝になると思っております。だからこそ、我々はトップ面談というものを大事にしております。

 

山田健司