【M&A案件情報】首都圏!大衆居酒屋14店舗の譲渡案件

2017年08月30日

首都圏の大衆居酒屋14店舗の譲渡案件です。

 

【譲渡案件情報】
1.エリア:首都圏
2.業態:大衆居酒屋
3.年間売上高:約4億円(11店舗での売上になります。今期、新規3店舗出店し、現在は14店舗となります。)
4.年間償却前営業利益:約6千万円(退任する役員の報酬控除前)
5.譲渡スキーム:株式譲渡
6.希望譲渡条件:応相談

 

ドミナントで14店舗、大衆居酒屋を展開している企業の譲渡案件です。

業態は収益力が高く、新規出店費用も安価な為、短期間で回収可能です。

業績好調ではありますが、経営者が新たな事業にチャレンジするため、譲渡を希望しております。

 

ご興味お持ちいただけましたら以下からお問い合わせください。

尚、売り手企業様のご希望により、
情報提供は自社で検討される方のみとさせていただきます。
恐れ入りますが、ご了承の程、よろしくお願いいたします。
(本案件に関するお問合わせはこちら ⇒ http://foosta-ma.com/contact/