M&Aを結婚に例えると!⑪

2018年02月02日

こんにちは。池北です。

 

今回も昨年の続きとしてM&Aの流れを人間の結婚に例えて説明させて頂きます。

 

前回も書きましたが、M&Aの流れとしては、一般的にこのような流れとなります。

 

**************************************

 

①売り手とM&Aアドバイザーとの契約を行う

 

②買い手候補に見せるノンネームシート・提案書を作成

 

③ノンネームシートでの提案・公開・ネームクリア

 

④興味を持った売手とM&A仲介会社と秘密保持契約書を締結

 

⑤買手による検討

 

⑥トップ面談

 

⑦意向表明書の提示

 

⑧基本合意書の締結

 

⑨デューデリジェンスの実施

 

⑩最終譲渡契約書の締結

 

⑪クロージング

 

**************************************

 

昨年の記事ではで⑩までの説明をさせていただいたので、今回は⑪の説明をさせていただきます。

⑪クロージング

クロージングとは、言葉の通りで「完了する」ということです。M&Aでいうと経営権の移転を完了させる最終的な手続きです。結婚に例えると、婚姻届けを役所に届けるというです。これが完了すると正式に新たな旅立ちとなるのです。

 

以上11回に分けて説明をしてきましたが、M&Aについてイメージすることができましたでしょうか。M&Aという言葉を聞くと遠い存在と思えるかもしれませんが、現在人口減少に伴う日本では、実際に身近な経営戦略となってきています。どんな形でも良いので、是非一度興味がございましたら、ご連絡をいただけると幸いです。

池北裕紀