デューデリジェンス関連用語


デューデリジェンス

M&A実施において、対象企業を詳細に調査すること。DDと略称することもある。

M&Aでは、事業や財務、法務、人事、システムなど、調査対象とする企業の業種に応じて全方位的に調査することが普通。


財務DD

財務に関したデューデリジェンスのことで、純資産や正常収益力の実態把握を目的として実施する。

会計事務所や監査法人等が実施するケースが多い。


法務DD

法務に関するデューデリジェンスのことで、調査対象となる会社そのものや、事業に関する法務的リスクを調査すること。

調査内容は、株主の履歴、契約書、許認可・登記関係などの確認などである。調査は弁護士事務所等に依頼することもある。


ビジネスDD

調査対象とする会社のビジネスモデルを把握し、事業性を評価するとともに、M&Aによるシナジーの効果の分析と事業統合に関するリスク評価などを行うこと。

買収企業自らが実施することが多いが、買収金額が多額になる場合には経営コンサルティングに依頼する場合もある。


システムDD

調査対象とする会社の情報システムの構築状況や組織、管理、業務フローを評価するとともに、M&A後の運営とシステム統合時の際の重要ポイントを調査すること。

ITデューデリジェンスともいう。


人事DD

調査対象とする会社の人事考課・昇進、報酬、退職制度など、人事面全般の調査をすること。

その結果をもとに、M&A後の運営と人事制度統合時の重要ポイントを把握しておく。


ベンダーデューデリジェンス

通常行われるDDは、買い手企業が売り手企業に対して調査を行うのに対し、ベンダーデューデリジェンスでは売り手企業が自ら監査法人などに依頼、M&Aの検討に必要な情報を調査することを指す。


マネージメントインタビュー

経営者に対する質問のこと。

M&AではDDで実施する経営トップへのヒアリングを指し、その中から将来性や経営課題、内包しているリスクなどの把握に努めるものである。


実査

DDの際、資産の実在を確かめるため、帳簿に計上されている現物資産を監査人が確認する手続のこと。

現預金や有価証券などがこの対象にあたる。


立ち合い

売り手企業の棚卸現場に監査人が同席して、状況の視察や監査人本人が一部をカウントするなどして、在庫数量の妥当性を確かめること。