法人向け宅配給食事業を展開する企業の「株式譲渡」成約事例

譲渡企業A社 譲受企業B社
業種 法人向け宅配給食 食品製造業
売上高 非公表 約100億円
M&A目的 業界の先行き不安からの早期譲渡 事業拡大
A社は中国地方で法人向けの宅配給食事業を営む企業で、複数の工場を保有していました。これまでは精力的に小規模事業者を買収し、強みである営業努力によって順調に右肩上がりで業績を伸ばしてきましたが、市場自体の先行きには一方でご不安をお感じになられていました。今後業界で生き残るためには、これまで以上に積極的に買収していかないといけないことを考えると、自社の価値をまだ十分に認めてもらえる時点で譲渡してしまうことを選択肢としてお考えになるようになりました。

一方でB社は、本業は加工食品の卸事業者ですが、数年前にA社と同業を買収していました。その会社は業績を伸ばしていましたが、その分工場が手狭となっていたため、新たな製造拠点を探していたところでした。ちょうどA社の商圏が当てはまり、買収はトントン拍子で進むこととなりました。

売り手と買い手の強み・弱みがそれぞれピッタリと当てはまり、シナジーがとても明確M&A事例となりました。