欧風レストラン1店舗の「事業譲渡」成約例

譲渡企業A社 譲受企業B社
業種 結婚式場運営、飲食店等 飲食店
売上高 非公表 約300億円
M&A目的 事業集中 飲食事業拡大
A社は、結婚式場を中心としたブライダル関連事業を営む西日本企業です。結婚式の2次会を多く扱う欧風レストランを1店舗運営されていましたが、投資の大きい結婚式場事業に注力するためにレストランの譲渡を検討されました。

B社は、居酒屋などの飲食店を300店舗近く展開する飲食企業です。ちょうど近しいタイミングで、A社のレストランの近くでブライダル関連事業をスタートされていたため、A社のレストランを引き受けることでその新しい事業とのシナジーを生めるのではないかと考え、検討・買収決断に至りました。

従業員にとっても新たな企業のもとで環境は改善されており、レストランの更なる発展に繋がる良いディールでした。