東海地方の飲食チェーン運営企業の株式譲渡案件

  譲渡企業A社 譲受企業B社
業種 居酒屋チェーン 居酒屋チェーン
売上高 非公表 非公表
M&A目的 事業承継 事業拡大
B社は東海地方で居酒屋事業を展開する企業です。成長目覚ましい企業で、積極的な出店を続けていました。更なるスピード成長を実現するため、自社の強みである経営管理の仕組を活かし、他社店舗を買収、更に収益改善するノウハウを構築したいとお考えでした。

一方でA社は、複数店舗の飲食チェーンを展開していました。地元の繁盛店で、高い収益性を誇っていましたが、 経営者が高齢で後継者不在のため、引継ぎ手を探していました。

どちらの企業も収益性高い居酒屋業態を展開していましたが、売り手と買い手がそれぞれ違う強みをお持ちでした。一緒になれば互いの更なる成長が見込めるということで双方の考えがピタリと一致し、M&Aが実現しました。