ビュッフェレストラン1店舗の「事業譲渡」成約事例

譲渡企業A社 譲受企業B社
業種 飲食店展開 非飲食
売上高 非公表 非公表
M&A目的 引退・後継者がいない 飲食事業参入
A 社は東海地域でビュッフェ形式のレストランを複数店舗展開されていました。A社社長はまだすぐに事業承継しないといけない年齢ではいらっしゃらないものの、段階的に事業規模を縮小していくことを望まれており、ご相談を頂戴しました。

一方、B 社はご本業は全くの異業種でいらっしゃり、飲食業は未経験の企業様でした。ちょうど飲食事業への参入を意思決定されていて、自社で一から立ち上げる、あるいはフランチャイズに加盟するなど、様々な選択肢を検討中でした。そのようなB社を、フースタM&Aの提携コンサルティング会社様から紹介を受けました。A社が運営する店舗は業績良好であったため、そのノウハウを習得しつつ、一から立ち上げるリスクを回避できるということでA社の店舗取得を意思決定され、飲食事業展開の第一歩を踏み出されました。