株式譲渡と事業譲渡

株式譲渡と事業譲渡の違いについて

飲食店のM&Aは株式譲渡と事業譲渡がほとんどですので、その2通りについて説明します。

株式譲渡とは、基本的には会社の株式を全て譲渡することを言います。会社を丸ごと譲渡することを指し、これを「全部譲渡」と言います。

事業譲渡は一部の事業のみを譲渡することを言います。会社はそのまま元の経営者が経営し、一部事業だけを他社に譲ります。

株式譲渡と事業譲渡

株式譲渡・事業譲渡のメリット・デメリット

株式譲渡のメリット

会社の所有を変更する手続きであるため、各契約について名義変更の必要がなく比較的容易

株式譲渡のデメリット

簿外債務、偶発債務、将来債務など、表面化していないものまで引き継ぐことになる可能性がある

事業譲渡のメリット

欲しいものだけを引き継ぐことができ、簿外債務などを引き継いでしまう心配がない

事業譲渡のデメリット

引き継ぐものについて全て名義変更をする手間がかかり、名義変更できない可能性もある